<本物に触れ、五感を磨く>

「花」には、その出で立ちや香り(成分)から「人の心を癒す力」や「薬莢効果」があり、古来より人が生きていく為に欠かせぬ物とされてきました。

西洋ではそういった文化が根強く食卓に「花」を飾る事が常習化されていますが、日本では身近に「花」を摘める環境も少なく、「花」を愛でる習慣は一般的ではありません。

「花」は、人が生きていくために欠かす事の出来ないコミュニケーションツールにもなり、その影響力は、老若男女問を問わず、科学的に証明できるものばかりではありません。

「花」のルーツを知り、生命や個性に興味を持ち「花」に触れ、五感を磨き、教養を高める。

「キッズフラワー活動」では、親子でフラワーアレンジメント体験をして頂き、保護者の方々に、子供達の「のびのびとした自由な発想」や「隠されたメッセージ」の発見をしていただきます。

鉢花、切り花、造花。種類を問わず、本物が何であるかを知り、触れる事は人生を豊かにします。

※2カ月に1回、小学生対象で開催しています